行基と蓮台寺温泉

  行基菩薩(ホーム)>蓮台寺温泉

蓮台寺温泉との関係性

【 行基・伝説 】行基菩薩が伊豆に巡錫で訪れた際、霊夢に権現様の遣いである天狗が出現し、源泉のある場所を指示しました。翌朝、御告げの場所に錫杖の先を突くと不思議な事に源泉が湧出たそうです。行基は霊夢で出現した天狗を模した絵を描くと、これを温泉の護り本尊として一宇を設けたと伝えられています。現在、蓮台寺温泉の境内を構える祠は湯権現と呼ばれ天狗の絵が掲げられているそうです。

吉田松陰寓居処   吉田松陰寓居処

【 行基・実・年表 】−蓮台寺温泉が何時頃開かれたのかは判りませんが、下田市内に境内を構える米山寺には天平5年(733)に行基により創建されたとの伝承が残されている事から、天平5年(733)前後を想定。

天平3年(731)、摂津国河辺郡(兵庫県川西市・伊丹市・尼崎市・宝塚市)に楊津院、崑陽施院、河内国丹比郡(大阪府松原市・大阪狭山市・堺市東区・堺市美原区)に狭山池院とその尼院、山城国紀伊郡(京都府京都市)に法禅院、山城国葛野郡(京都府京都市)に河原院、大井院、山城国乙訓郡(京都府大山崎町)に山崎院、隆福尼院を起工。天平5年(733)、河内国茨田郡(大阪府守口市・門真市)に救方院、薦田尼院を起工。天平6年(734)、和泉国和泉郡(大阪府和泉市・泉大津市・岸和田市・泉北郡忠岡町)に隆池院、和泉国大鳥郡(大阪府和泉市)に深井尼院、山城国愛宕郡(京都府京都市)に吉田院、摂津国住吉郡(大阪府大阪市)に沙田院、呉坂院を建立。

【 場  所 】静岡県下田市

【 概  要 】−江戸時代末期の安政元年(1853)、長州藩士で幕末の志士を数多く育てた吉田松陰は下田港に停泊する黒船でアメリカに密航しようと画策し、数日前から皮膚病治療を兼ねて蓮台寺温泉に身を潜めました。その際、隠れ家になったのが村山行馬郎邸で、屋根裏が隠し部屋となり、湯殿には温泉が引き込まれていました。現在でも当時の建物が残されており、「吉田松陰寓居処」として静岡県指定史跡に指定されています。

【 行基・周辺・史跡 】−長谷寺(静岡県下田市田牛:行基が天平年間に昌善寺として創建)・太梅寺(静岡県下田市横川:本尊の地蔵菩薩像は伝:行基作)・米山寺(静岡県下田市箕作:行基が天平5年:733年に創建)・泰平寺(静岡県下田市:本尊の釈迦如来像は伝:行基作)

スポンサーサイト
 
行基菩薩縁の温泉

作並温泉東山温泉(湯上神社)芦ノ牧温泉草津温泉(光泉寺)藪塚温泉湯河原温泉野沢温泉(小菅神社)
渋温泉湯田中温泉別所温泉鹿教湯温泉山代温泉山中温泉(薬王院温泉寺)吉奈温泉(善名寺)谷津温泉
蓮台寺温泉三谷温泉木津温泉関金温泉(大滝山地蔵院)塩江温泉有馬温泉(温泉寺)深谷温泉花山温泉
伊香保温泉鷹の湯温泉栃尾又温泉雲仙温泉裂石温泉(慈雲寺)大湯温泉井原温泉
※ 「行基菩薩と温泉」は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。ただし、推論、私論ばかりなので最終的の責任は負いかねますので、問題等ありましたら自己責任でお願いします。リンクはフリーですが写真、文章の利用は許可しませんので御理解の程よろしくお願いします。